出展企業詳細

出展企業一覧へ戻る

Charles River
小間番号
M-12
Charles River
出展の見どころ
Charles Riverでは、世界各国の化学品法規制に対応するコンサルティングや安全性試験の受託サービスを提供しています。今年はオランダ施設の法規制部門長が来日し、EU REACH、米国TSCA 、カナダ、トルコ、UK REACH、オーストラリア、ナノマテリアル等の規制関連プレゼンテーションを行います。展示ブースではミニセミナーを行い、個別案件についてもご相談承ります。
実績、事業紹介
受託試験サービス(物理化学性状、ヒト健康影響、環境毒性、環境運命等)
登録および届出コンサルティング(EU REACH、UK REACH、北米、スイス、トルコ、オセアニア等)
出展社プレゼンテーション
2019年9月18日(水)11:00~11:30 | D会場
D1-3 EU REACHの今後の展望
演者:Jeannette Paulussen, PhD, Head of Regulatory Affairs Charles River Den Bosch
提出済みEU REACHドシエのECHAによる見直し作業が推進されるなか、今後CEFIC、ECHAおよびEU各国当局は、協同してドシエ品質の改善案を提言する方針である。本点において、化学品を輸入あるいは製造する事業者が留意すべき最新動向を概説する。
2019年9月18日(水)14:45~15:15 | D会場
D1-8 世界各国の化学品法規制スキームについて
演者:Jeannette Paulussen, PhD, Head of Regulatory Affairs Charles River Den Bosch
新規化学物質の法規制対応スキームは国際的な変遷を辿っている。化学品を輸入あるいは製造する事業者は、たとえば英国におけるBrexitのような政治情勢にも目を配り、上市対応を検討することが重要である。体系的な法規制制度が確立されている米国やカナダ、規制改訂を見据えるオーストラリア、さらに規制確立の途上にあるトルコやUK REACHの現況を解説する。
ページトップへ戻る